2007.01.07 Sunday

七草粥の日



今日は七草粥の日なんですが、この習慣は知ってました?

私が知ったのは大人になってからかなあ?

子供の頃に食べた記憶は無いので、きっとそう言うことをしない家だったんだと思います(笑)

春の七草ってなんだか知ってます?
賢い人のお得なサイト | ハピタス | ポイント2重取り♪
七草 - Wikipediaより

春の七種とは以下の7種類の植物である。

芹(せり)→ 芹 (セリ)
薺(なずな)→ 薺(ぺんぺん草)
御形(ごぎょう)→ 母子草(ははこぐさ)
繁縷(はこべら)→ 繁縷(はこべ)
仏の座(ほとけのざ)→ 小鬼田平子(こおにたびらこ)
*「仏の座」は、シソ科のホトケノザとは別のもの
菘(すずな)→ 蕪(かぶ)
蘿蔔(すずしろ)→ 大根(だいこん)

この7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。

呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。


お粥だからダイエット効果もあり?
と言う邪念がムクムク湧いたので、ええでる家でも作ってみました〜♪



<ええでる家なんちゃって七草粥>

作り方-材料(ほぼ4人分)

・米1カップ /足りないと思っても結構な量ができます
・水7カップ /柔らかめが好みな場合は、10カップ-10倍がゆ-でもOK
・七草に近い五草 /大根の葉、三つ葉、ワイルドルッコラ、水菜、ひよこぐさ

全て庭から調達素材...新鮮よ植物

研いだ米と五草(みじん切り)を炊飯器に入れ、お粥モードで炊きます。

野菜に火を入れすぎたくないときは、最後に野菜(固い物は軽く下ゆでを)を投入して一緒に蒸らします。

最後に塩を少々ふって、出来上がりを待つだけなとっても簡単!ずぼら粥です。


でも、日本の乾燥技術ってば凄いですよね。

季節限定商品だけど、フリーズドライになった七草粥の具が、いろいろ売ってます。

・春の七草・フリーズドライ (こだま食品)

・み子ちゃん.jp 春の七草

・春の七草きざみ

これって、常備しておくとお粥の具の他に、具がないときに味噌汁にも入れられて便利かも...?

私がなんちゃって五草粥を作成中に、のぞきに来た旦那。
「何?」かと聞かれて詳しく説明するのは面倒だから、

「日本の風習で、今日は草を食べる日だよ!ベジタリアンな日よ!、体に優しいよ!」

とだけ、言ったらばσ(^_^)

「草を食べるのは嫌だ」と、彼は静かに退場していきました。

肉食スイス人にはよくわからん習慣なんでしょうね(爆)

春・秋 七草の歳時記
春・秋 七草の歳時記
釜江 正巳


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック